黒枸杞の実

スーパーフード

先日、中国人の友人にお土産に 黒枸杞の乾燥したものを頂いた。

赤い枸杞は 日本でもポピュラーになりつつあり、ゴジベリーと称して βカロチンが豊富で 抗酸化作用があるし、楊貴妃が使っていたと聞いたならば 使わない手は無い。

ただ、妊婦さんにはあまりよろしく無いようですが…

それが 黒枸杞となれば まだ日本にはあまり入っていない。

扱っている東洋漢方のお店でも 目が出るくらい高い!

よかったー!いい友人を持って…

どうやらウイグル自治区辺りでは自生するらしいが、メタボリックシンドロームなどにも効くらしい。

今や世界のセレブがこぞって飲むという。

数粒をお湯に浮かべるだけで、無味無臭。

だけどまあなんと美しい紫色になることでしょう!

水質によって若干色が 青みがかったりするのだけれど…

一瓶高価なものだから、ビンボー症のわたしはちびちびやってますから、ちっとも効果の程はわからないけど、肌は綺麗になったかな?

目のクマは消えた気がする。

スーパーフード恐るべし。

世の中には知らないものが多い!

▶ 黒枸杞の実

シュタイフ社のテディベア世界中で愛されるシュタイフ社のテディベア。1880年にドイツで誕生した。テディベアの歴史は、ここから始まった。定番品も限定品もかわいい、テディベアのトップブランド。
▶ シュタイフ社のテディベア


ハーマン社のテディベア1907年、ドイツに設立したハーマン社。熟練職人のつくりあげた丸顔のかわいいテディベア、ハーマン社のテディベアは、世界中で大人気。
▶ ハーマン社のテディベア


ハロッズのテディベアイギリスの百貨店ハロッズには、「昔からテディベアが住んでいる」という言い伝えが。1986年から毎年、クリスマスベアとも呼ばれる可愛いイヤーベアが登場する。
▶ ハロッズのテディベア


メリーソート社のテディベア1930年に創立したイギリスのメリーソート社。女王様に「生意気ね」と言われた「チーキー」は、世界中で愛される可愛いテディベア。
▶ メリーソート社のテディベア

Pocket