酌む酒は日本一の志となる

田島硝子の富士山グラス

田島硝子の富士山グラス富士山には、コノハナサクヤヒメが鎮座する。この美しい女神は、酒解子神の名を持つ酒の神。酒をもって祀れば、叶わぬことなどなにもない。だから志を持てば、このグラスに酒を注げ。
田島硝子は、東京を代表するガラスメーカー。国内外で多くの受賞歴を誇り、この富士山グラスもおみやげグランプリ2015でグランプリを獲得。富士山グラス数あれど、欲しいのはやっぱりコレ!

▶ 田島硝子 富士山グラス ロックグラス TG15-015-R

富士山の神様の御神酒

富士高砂酒造の日本酒富士山を祀る浅間神社の総本社「富士山本宮浅間大社」。ここに御神酒を納めているのは、地元静岡県富士宮市にある富士高砂酒造。富士山の豊かな伏流水を利用した、これぞまさに清酒。富士の神の恵みである。
文政年間創業といわれ、約200年の歴史を持つ酒は、口当り優しく、ほんのりと甘みが感じられる。

▶ 富士高砂酒造の酒

Pocket