廣田硝子の酒器

モダンな輝き 廣田硝子の酒器

大吟醸用うすはり 花

廣田硝子の酒器飲食店日本酒提供者協会が企画した究極の大吟醸用グラス。酒を優しく繊細に注げば、大吟醸の特徴である吟醸香がふわりと香り立つ。最近、香りに特徴を持つ吟醸酒は、ワイングラスで飲む機会が増えてきたが、このグラスは、ワイングラス以上に吟醸酒の特徴を活かして包み込む。まさに「究極」と言っていい逸品だ。

純米酒用うすはり 蕾

廣田硝子の酒器上記の「花」が大吟醸用で、腰を絞った形になっているのに対し、ずん胴になっている。このことにより、口につけた時の流量を抑制し、純米酒の旨みと香りを最大限に引き出すことに成功している。「花」のつくりはフルーティーさを味わうのに最高のかたちであるが、これは旨み。本当の日本酒グラスが出てきた。

廣田硝子 枡酒揃い

廣田硝子の酒器日本酒を売りにしている居酒屋で、スタンダードな提供スタイル「もっきり」。廣田硝子は、シンプルなグラスと枡を準備した。グラスは、透明とフロストの2種類があり、それぞれに味わいがある。グラスに注がれた本来の酒の味覚を楽しんだ後、枡に浸みてまろみを帯びた酒を楽しむ。ひとつの日本酒が、2つの表情で迎えてくれる。

ちろりと酒杯セット

廣田硝子の酒器ガラス製のモダンなチロリ。従来の金属器とは違った優しい雰囲気が特徴。耐熱素材なので、もちろん熱燗を注ぐのに適しているが、夏場に冷酒を入れるのも、涼しさがあっていい。長く適温を保てるので、ゆっくりと飲み続けたい時に特に力を発揮する。その透明さは、お酒の色を愛でる楽しみもおしえてくれる。

七宝模様の蓋付ちょこ

廣田硝子の酒器金・銀・瑠璃・玻璃・珊瑚・めのう・しゃこの七珍を表す七宝は、円満を意味する模様。廣田硝子のちょこに刻まれたこの七宝模様は、底や縁まで美しく彩る。そして、この器のすべてを隈なく彩る七宝を、がっちりと留め置くための蓋がついている。伝統の江戸切子においても独特の光彩を放つ廣田硝子の、これぞ真骨頂。

花蕾(Karai)

廣田硝子の酒器花のつぼみを模したフォルムは、注ぐ酒の芳香を濃縮し、美味しさ際立たせてくれる。このKaraiと名付けられた酒器は全16種類あり、それぞれに伝統的手法を用いて、表情豊かな硝子の魅力を引き出している。あぶり出し技法や切子手法を用いたモダンなグラスは、規格も統一されていて、揃えるほどに味が出る。

こけしが酒器

廣田硝子の酒器生活雑貨デザイナー・大森謙一郎氏と廣田硝子のコラボで完成した「こけしが酒器」。硝子製の猪口を徳利の上に乗せると、そのフォルムはこけし。猪口を取って置くと、酒を注ぐままにユラユラと揺れる。遊び心満点の「こけしが酒器」には、硝子の凹凸がまぶしい「モール」と、摺硝子に鳥の羽が散ったような「膠」がある。

バンブーシリーズ

廣田硝子の酒器観光庁主催の「魅力ある日本のおみやげコンテスト2013」で銀賞を受賞した青竹酒器揃いを含むバンブーシリーズ。青竹だけでなく氷竹や金竹もあり、いずれも廣田硝子を代表する商品として人気となっている。この涼しい装いの酒器には、ぜひとも冷酒を注ぎたい。ササ(酒)が、ふわりと香り立つ。ただし、トラにならぬよう要注意。

モダンな江戸硝子を生み出す廣田硝子

廣田硝子のガラスアート1899年に東京で創業した廣田硝子は、日本有数の歴史を持つ硝子メーカー。江戸切子や吹き硝子などの伝統工芸を、現代アートに見事に結び付けて、使って楽しい、見ていて嬉しい作品の数々を生み出している。

Pocket

開運を呼ぶ酒器選び