酒器で味が変わる日本酒

日本酒通は酒器選びに妥協しない

日本酒と酒器幅広い温度帯で楽しめる日本酒は、酒器によってその味わいを大きく変える魔法の水です。だから、それに応じた酒器も古くから開発され、日本には、世界に誇れる酒器文化が発達しています。
酒を注ぐ毎に独特の重厚さが加わる酒器は、古くからコレクターズアイテムとしても認識されており、使えば使うほどに愛着がわく素晴らしい友となります。だから、生涯を酒に捧げる人たちは、酒器選びに決して妥協はしないのです。

科学の力が生み出した新しい日本の酒器

チタンカップ サスギャラリー古い伝統と新しい科学のバランス感覚から生まれる酒器は、便利で面白い。軽くて強い金属として知られながらも、加工の難しさから特殊な工業製品にしか活用されてこなかったチタンが、魔法瓶一貫生産で知られる日本のメーカーによって、芸術的な酒器に仕立て上げた。
酸化被膜の厚みにより様々な色彩を発する表面は、美しいという表現では足りないくらい。その重厚な美しさを発する酒器を取れば、意外にも軽く優しい印象。それもそのはず。その保温性は従来のマグカップをはるかに凌ぐ。冬は温かさを、夏は冷たさを長く保つチタンである。しかも、その耐久性はハンパない。これぞ、新しい時代の日本の酒器である

▶ SUSgalleryのチタンカップ

Pocket

開運を呼ぶ酒器選び