埼玉県のミネラルウォーター

商品一覧

秩父源流水 荒川源流大血川渓谷(湧水)
天恵水 秩父横瀬川流域(湧水) 

埼玉県のミネラルウォーターの特徴

さいたま市の年間降水量は、全国平均よりも300mmほど少ない。冬は乾燥し、夏はかなり高温になる。県西部に山地が広がり、県央部には荒川が流れる。また、北部の県境は利根川が流れる地形になっており、水が豊かな土地である。
環境省の平成名水百選には、熊谷市の「元荒川ムサシトミヨ生息地」、秩父郡小鹿野町の「毘沙門水」、秩父市の「武甲山伏流水」、新座市の「妙音沢」が選ばれている。
山梨で採水されたミネラルウォーターの中には、「埼玉」の名が入った下記のような商品もある。

▶ 埼玉医科大学ミネラルウォーター

【埼玉県の水道水】
さいたま市(2021年4月)硬度49~89mg/L pH7.0~7.8


おいしい天然水を探して