福島県のミネラルウォーター

商品一覧

岩根の水 鷲倉温泉の源泉(温泉水)
香村金剛水 半田銀山地下(鉱水)

福島県のミネラルウォーターの特徴

県庁所在地である福島市の年間降水量は、全国平均より500mmほど少ない。浜通り・中通り・会津地方に三分され、阿武隈高地と奥羽山脈の二つの山系をかかえ、太平洋に面している。会津地方を流れ日本海に注ぐ阿賀川と、中通りを北上する阿武隈川水系に大きく分かれている。
環境省の平成名水百選には、相馬郡新地町の「右近清水」、河川の水質状況ベスト1に選ばれたことがある福島市の「荒川」、喜多方市の「栂峰渓流水」が選ばれている。薬湯で知られる鷲倉温泉の源泉を使用した「岩根の水」は、珍しい強酸性水として流通している。

▶ 岩根の水

【福島県の水道水】
福島市(2021年)硬度16~19mg/L pH7.0~7.2
会津若松市(2021年)硬度11~34mg/L pH6.9~7.6
いわき市(2021年)硬度15~49mg/L pH7.4~8.1


おいしい天然水を探して